So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

田村明子 Akiko Tamura, pf

CLA-1003web.jpg

リスト:ピアノ・ソナタ
シューベルト:楽興の時

録音:2014年 天竜壬生ホール
Piano: YAMAHA Concert Grand Piano(CFX)
CLA1003 ¥2500(税別)◎オフィスアルシュへ申し込む
発売元:MUSICA CLARA 
販売:Regulus 045-983-9596

★レコード芸術準特選盤(2015年5月号)
レコード芸術5月号 新譜月評.jpg
CLA-1003

推薦[那須田 務]
田村明子は2011年にベートーヴェンのソナタ第30番とシューマンの<幻想曲>等でCDデビュー。借り物でないオリジナルな「歌」が好ましく、当欄に「間違いなく、心の底で感じる歌を歌える、数少ないピアニスト」と書いた。それは今度のアルバムにもいえる。とくに大作リストのソナタではさらにスケールの大きなピアニズムが示され、頑強な体躯の男性ピアニストのようなパワーと迫力である。展開部までの音楽の運び方が見事だし、アレグロ・エネルジーコは高揚感とともにスピードが乗って実にスリリング。グランディオーソの第2主題も威風堂々。再現部の前のリリカルな美しさ、その後のフーガ風の箇所は緊迫感に満ち、再現部から最後の静けさへの推移では見事に時間と空間の質を変えてみせる。とにかく聴かせる。中身のぎっしりと詰まった魅力的な音だなと思ってブックレットを見たら、ヤマハのCFXだった。シューベルトの≪楽興の時≫もすばらしい。第1番冒頭の主題のアゴーギクが独特。自由な歌い回しで時が止まったよう。第2番はさらにテンポを遅くし、しばしその場に留まり、音と響きの余韻が心に刻み込まれる。形式ではなく、その瞬間の霊感や響きとその余韻で音楽を作るのは、今月のフレイや高橋アキのシューベルトに通じるもの。といって15年ほど前のアファナシエフほど極端ではない。今後こういうシューベルトがもっと増えてくるだろう。

田村明子2015今後の演奏会予定
夢・汎サロンコンサート 〜ピアノとチェロで綴る音楽の旅〜
田村明子(ピアノ)櫻井健(チェロ)
2015年5月17日(日)夢・汎ホール(浜松市)
Aプログラム 13時30分開演 \2000
Bプログラム 15時開演 \3000
AB通し券  \4000
お問合せ:夢・汎ホール 053-458-0016 http://www9.plala.or.jp/yumehiro/index.html
---------------------


CLA10012  ジャケット.jpg

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第13番 Op.27-1
        ピアノ・ソナタ 第30番 Op.109
シューマン:色とりどりの作品Op.99 より
      幻想曲 Op.17

[レコード芸術9月号 新譜月評より]
「きわめて美しく、しかも真摯に織りなされた音の綾を生む」
「田村明子は間違いなく、心の底で感じる歌を歌える、数少ないピアニストということだ。」

録音:2011年4月19日-21日 天竜壬生ホール
Piano: YAMAHA Concert Grand Piano(CFX)
CLA1001-2 ¥2800(税込)◎オフィスアルシュへ申し込む
発売元:MUSICA CLARA 
販売:Regulus 045-983-9596

田村明子 Akiko TAMURA, pf
5歳よりピアノを始める。全日本学生音楽コンクール中学校の部で全国一位。桐朋学園大学にて、故林秀光氏、故田中希代子氏に師事。第58回日本音楽コンクール第2位、及び河合賞受賞。小松一彦指揮関西フィル、武藤秀明指揮ニューフィル千葉、また東京文化会館大ホールにおける春の都民コンサートでは、小泉ひろし指揮東京シティフィルとも共演。渡独後、ザールブリュッケン州立音楽大学にてB.グレムザー氏のもとで研鑽を積み、マリア・カナルス国際音楽コンクール、ヨーロッパ・ショパン国際コンクール等で受賞後、各地でリサイタル、放送録音など活発におこなう。1997年ドイツ国家演奏家資格を首席で得て帰国後も、ドイツ・ショパン協会主催《ショパン命日記念リサイタル》、同協会創立30周年記念演奏会など、たびたびドイツに招かれる。第17回横浜市招待国際ピアノ演奏会にて田中良和指揮新日本フィルと共演、2003年のリサイタルに於けるショパン作品の演奏に対し、第30回日本ショパン協会賞受賞。現在は、2年ごとの浜松と東京でのリサイタルを軸に、国内外の著名な演奏家との室内楽、オーケストラとの共演など多彩に活動、その真摯な作品への取り組みと、ダイナミックかつ繊細な音楽の世界でファンを魅了している。2011年ベートーヴェンとシューマンの作品を収めたCDを初リリース、≪田村明子は間違いなく、心の底で感じる歌を歌える、数少ないピアニストだ~レコード芸術9月号≫と高評を得る。昨年、浜松、東京、ウィーンで好評を得たリサイタル・プログラムからこの春、リスト:ピアノソナタとシューベルト:楽興の時を収めた待望のセカンド・アルバムをリリース。浜松市在住。

→ TOP INDEX 演奏者別一覧
→ HOME
→ Concert information

共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。